医学部の大学を受験するに至り予備校を利用した結果

目標である医学部大学合格を達成することが出来ました

このようにサテライト講義中心の予備校生活だったので、実際に通い詰める程までは行きませんでしたが、何とか当初の目標である医学部大学合格を達成することが出来ました。
ライブ授業だと生徒同士の人間関係にも気を遣わなければなりません。
人間である以上一人で朝から晩まで過ごすには限界があります。
サテライト講義であれば、チューターと仲良くなれば良いのですが、ライブ授業だと一人で受けるわけにはいかないので、どうしても他人の目が気になってしまいます。
勉強に集中したいときでも他人の目がちらつくとついつい遊びがちになるところですが、サテライト講義で黙々とそのようなことを気にせず集中できました。
気になるサテライト講義の金額ですが、ライブ授業を受けたときに支払う費用とさほど変わりません。
一見もったいないようにも感じますが、それは生徒自身が決めることで有り、たとえ生徒の親でも必要以上に口を出さない方が良いです。
実際私の家でも最初は親がライブ授業の方が良いのではないかと議論がありましたが、最初の三ヶ月サテライト講義で頑張ってみて、それでも成績が上がらなければそっちに移行すると約束をしてサテライト講義に決まりました。
そのようなプレッシャーを掛けたことでより勉学に励むことが出来たと今思えば感じます。
成績が順調に上がっていったので勉強の仕方に間違いが無いと思ったので余計な勉強をすることなく最短ルートで合格するに至ったのではないかと考えています。
浪人してでも良い思い出が作れたと思っています。

サテライト授業は私にぴったりの授業形態だった : サテライト講義は選りすぐりの講師陣しか担当しない : 目標である医学部大学合格を達成することが出来ました

医学部予備校医学部進学予備校メビオ