朝起きたらもう汗の匂い?

大人になって次第に気になってくる自分の匂い。朝起きてちょっと家事をしただけで汗臭いなんて、それだけで気分が滅入ります。洋服に貼り付ける汗を吸収するパッドを使ったこともありますが、ゴワゴワ感があったり洋服によっては付けにくかったり変なシワが出来たりします。一番焦ったのは剥がれた時。幸いシャツをスカートにインしていたので脇腹で止まりましたが、落ちたら恥ずかしくてそれ以来付けられなくなりました。消耗も早いからコストも気になる。そこで最近取るようになったのが、お風呂上がりに制汗剤をつけること。折角体を洗った後に何か塗るのは毛穴を塞いで余計に臭くなるのではと抵抗がありましたが、よく考えたら化粧水や乳液だって似たようなものじゃないかと思ったのです。実は制汗剤はキレイな肌につけないと効果が半減します。蒸し暑い夏の朝にすでに汗をかき始めてから制汗剤を塗るのと、前の晩のお風呂上がりにキレイで乾いた状態で塗るのとでは持続効果に差が出てきます。ロールオンでもスプレーでもストーンでも、新しく買わなくても今持っているもので充分です。効果を感じたのは日中よりも朝パジャマを脱ぐ時でした。脇にはロールオン、背中にはスプレーをして寝るのですが、脱ぐ時に「むわっ」とした感じが軽減していたのです。ただし付けすぎは肌トラブルの元になるので「すっきり爽やかな朝」をイメージして適量を守ってくださいね。脇汗 臭い

カテゴリー: 未分類 パーマリンク